ターミナルから”subl”で「Sublime Text 2」を開く

投稿日:

Pocket

Rails環境構築のチュートリアルを読んでいたところ、ターミナルから”subl”で「Sublime Text」を開くとあったのですが、そのまま実行してもできませんでした。設定が必要なようですので少し調べるとありました。ここでは「Sublime Text 2」の場合について記述しています。

ターミナルから”subl”で「Sublime Text 2」を開く設定

以下のコマンドをターミナルに入力して”return”キーを押下します。

sudo ln -s "/Applications/Sublime Text 2.app/Contents/SharedSupport/bin/subl" /usr/bin/subl

 

パスワードを聞かれたらパスワードを入力して”return”キーを押下します。

これでターミナルから”subl”で起動できるようになりました。

確認方法はターミナルから”subl -h”を実行してbuildなどの情報が表示されればOK。

 

デフォルトのテキストエディタにする場合

「Sublime Text」をデフォルトのエディタにする場合は”$HOME/.bashrc”に以下の記述を追加します。

export EDITOR=’subl -w’

ターミナルで以下のコマンドを実行します。

source .bashrc

 

たとえば,あるファイルをlessで閲覧している最中に「v」キーを押すと、そのファイルを開いた状態で「Sublime Text 2」が起動します。

Pocket

カテゴリー:Apple タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です